人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アジアU-23王座への曲折の道のりを制した日本

アジアU-23王座への曲折の道のりを制した日本_e0444387_11213212.jpg

ドーハ、202454 - 日本は熾烈なウズベキスタンの抵抗を1-0で打ち破り、ジャッシム・ビン・ハマド競技場で行われた2024年アジアU-23選手権の優勝を果たした。しかし、この初優勝は最後の最後までドラマに満ちた波乱万丈の道のりだった。

通常の時間帯を通して、両チームは危険な機会に乏しい激しい戦術戦を展開した。スコアは延長戦に突入するまで0-0のままだった。しかし93分、グラウンドの星が山田富貴の足から輝いた。

21歳の選手はスルーパスを活かし、ペナルティエリア外から強烈な左足シュートを放った。そのボールは手に負えず、ウズベキスタンの無失点記録を打ち砕いた。1-0の勝ち越し点で若き侍がついに行き詰まりを打ち破った。

ドラマは後半のインジュリータイムでさらに燃え上がった。VARの判定によりアリシェル・オディロフのヘディングがヒロキ・セキネの手に当たったことでウズベキスタンにPKが与えられた。延長戦へと向かうチャンスが広がった。

しかし、運命は日本の側に付いた。ウマルアリ・ラフモナリエフのPKをレオ・コクボのゴールキーパーがheroic セーブを決め、長いホイッスルが優勝を確定づける。

若き侍の支持者から喜びの声が溢れた。彼らは遂に2016年以来2度目のアジアU-23優勝を祝福できた。アジアの他国を制し、日本は今やユース世代での最強国の地位を不動のものとした。

「これは大変に曲折に富んだドラマチックな勝利だった。しかし選手たちの情熱と根気が報われた」と日本の監督カズユキ・トダは記者会見で語った。

一方ウズベキスタンのアジズ・アブドゥラフマノフ監督は日本の強さを認めた。「日本は本当に強かった。我々はよく戦ったが、彼らはチャンスをしっかりと活かした」

優勝により、日本とウズベキスタンはパリ五輪でメダル獲得を目指す権利を得た。3位となったイラクも同様にインドネシアとの3位決定戦で勝利を収めている。


by insanganteng | 2024-05-04 11:28 | SPORTS | Comments(0)

Fuel Your Life, Nourish Your Soul: Embrace the Healthy Lifestyle Glow!


by cybo